忍者ブログ
健康維持・増進のために必要なサプリメントや健康食品を紹介
漢方薬と西洋薬では効き方が異なります。漢方薬は高血圧に伴う肩こり、のぼせ、めまい、頭痛、冷え症などの症状を抑えるために用いられ、これに伴って血圧が下がることもありますが、血圧を下げることを目的とした漢方薬はありません。

このため、高血圧でかなり血圧が高い場合は、西洋薬が必要ですし、現在服用している降庄薬を、漢方薬で代替することはできません。

しかし、漢方は体のバランスを整え、状態を根本から改善することを目的としているため、血圧に直接的にアプローチする薬との併用で相乗効果が期待できます。

また、漢方薬は、一剤で複数の症状に効果をもたらすという特徴があるため、西洋薬をいくつも飲むことに抵抗を感じている方におすすめです。

ただし、この場合は注意が必要になるため、必ず医師に相談したうえで服用しましょう。

また、漢方薬の効果の表れ方は一人一人異なり、処方の仕方も体格や自覚症状などによって違うので、必ず、主治医や薬剤師に相談したうえで使用しましょう。漢方薬は、患者それぞれの状態を考慮して、どの漢方薬を処方するかを決めるからです。

青汁に含まれる食物繊維の量
PR
不規則な食事、偏った食事を補ったり、健康を維持・増進したりする目的で「サプリメント」を利用する人が増えています。

サプリメントには、保健機能食品と一般食品の2種類があり、その形態も、錠剤やカプセル、粉末、栄養成分などをプラスした飲料やヨーグルトなどさまざまなものがあります。

サプリメントとは、体に必要な栄養成分や、体によい効果をもたらす機能成分を補う食品を言い、錠剤やカプセルのように薬に似た形態のものもありますが、あくまでも食品なのです。

このサプリメントと呼ばれている食品には、健康を保つことを目的に作られ、科学的な根拠に基づいて厚生労働省が定めた条件を満たす「保健機能食品」、日常的に食べている食品、保健機能食品以外で製造者や利用者が健康食品と考えている一般食品があります。

保健機能食品は、さらに、

■特定保健用食品(トクホ)

製品ごとに厳密な臨床試験が行なわれ、有効性や安全性についての一定の基準を満たしたものが、厚生労働省によって許可され、1991年に制度化された特定のマークが付いております。

体の健康維持に有効な機能成分が含まれている食品で、血中のコレステロール値を正常に保つのを助けたり、おなかの調子を整えたりするのに役立ちます。

■条件付き特定保健用食品

2005年4月から始まった新しい制度で、特定保健用食品と同様の食品ですが、有効性の科学的根拠ではトクホには及ばないものの、一定の有効性が確認されたものです。

■栄養機能食品

日常の食事で不足する栄養素を補うもので、現在、厚生労働省により基準が定められている栄養素は、ビタミン12種類、ミネラル5種類です。

これは、トクホと違って、個別に厚生労働省の許可を受けたものではありませんが、同省の規格基準を満たす商品だけが、栄養機能食品と表示することができます。

アンチエイジングが期待されるサプリメント
体脂肪を増やす原因になりがちなのが炭水化物です。炭水化物を食べることによって、血糖値が上がりやすくなり、その結果、脂肪を溜め込みやすくなるためです。

炭水化物の量を減らすことによって、血糖値も上がりづらくなり、その結果として、体脂肪を減らす事に繋がります。

炭水化物ダイエットや低糖質ダイエットなどは、ダイエットには効果の高い方法です。

炭水化物を食べないのであれば、何を食べれば良いのでしょうか。それは、お肉や大豆など、たんぱく質が多く含まれている食品です。

たんぱく質をしっかりと摂取することによって、筋肉が落ちづらくなり、代謝を維持したまま、体脂肪を減らすことができます。

炭水化物はなるべく控えるべきですが、摂らな過ぎると体脂肪が減りにくくなるので 週に1日は、炭水化物を摂取しましょう。これをチートデイと言い、アスリートなどが取り入れている方法です。

ブロッコリーには、クロムというミネラルが含まれており、脂肪の燃焼と筋肉の強化に役立ち、体脂肪を減らす効果が期待できるので、積極的に食べたい野菜のひとつです。

アボカドもブロッコリーと同様、体脂肪を減らすために食べたい野菜です。L-カルニチンやカリウムなど体脂肪を減らす成分が豊富な上に、糖質が非常に少ないので アボカドダイエットという方法があるように、糖質制限しなからのダイエットでも、しっかり食べられます。

お肉にはたんぱく質が多いですが、体脂肪を減らしたいならラム肉です。L-カルニチンの量が豊富で、体脂肪を減らす効果が期待できます。

唐辛子に含まれているカプサイシンには、脂肪の燃焼を促進する効果があります。

芸能人やモデルを中心に人気があるグリーンスムージーは、お腹の中をキレイにしてくれるので、栄養の摂取効率が改善されて体脂肪を減らす助けになります。

黒烏龍茶も体脂肪を減らす上で、大きな助けになります。脂肪の吸収抑制や排出の促進などダイエットに対して、理想的な働きをしてくれます。

その他、1日2杯程度のコーヒー、えのき茶、カルピスなども体脂肪を減らす効果がありますので、出来れば、酵素を積極的に摂りながらダイエットをすると、健康や美容にも嬉しい効果が期待出来ます。

酵素ドリンクダイエットのメリット
酵素は、私達の生命活動を支えておりますが、それは、内臓だけでなく、表面の肌にも無数の酵素が活動しております。

酵素は女性にとって肌の大敵であるシミ・シワの原因と戦っております。その元凶は紫外線です。

オゾン層などの破壊によって、天気予報にも紫外線注意報が出るなど、紫外線は数十年前とは比べものにならないほど強くなっております。

紫外線には、海や雪山などの自然の中や屋外でレジャーなどをした際に浴びる紫外線で、日焼けやシミやソバカス、乾燥の原因となるUV-Bと、生活紫外線と呼ばれ、シミやソバカスだけでなく、しわなどの原因となるUV-Aの2種類があります。

UV-Aは、光線は弱いが曇りの日の雲や、窓ガラスも通過して肌に届くため、肌の内側の深い部分にまでダメージを与えるのが特徴です。

肌が紫外線を浴びると、皮膚内の活性酸素を刺激して、皮膚を構成する脂質を酸化させて過酸化脂質を作り出します。

ここに、紫外線から体の内側を守るために発生したメラニン色素が結合すると、シミをつくる原因となります。

また、UV-Aは、皮膚の深層に到着して活性酸素を刺激し、皮膚に弾力を与える「コラーゲン」や、線維組織のエラスチンなどを破壊する物質である「ヒドロキシラジカル」を作り出すため、弾力が失われてシワができやすくなります。

特に、初夏から初秋にかけて、強い陽射しの下で強い紫外線を浴びていると、肌を老化させるので特に注意が必要です。

食物繊維の健康効果
女性に多い冷え性は、健康だけでなくダイエットにも大敵です。体温が1度上がると、基礎代謝量は約12%上がると言われておりますが、逆に言うと、体温が1度下がると、基礎代謝量は12%下がることになります。

最近、便秘や下痢ぎみだ、風邪ひきやすくなったなぁと思ったら、ちょっとお腹に手を当ててみてましよう。お腹かが冷えていませんか?

内臓が冷えてしまうと、全身に十分な血液が届かなくなり、この結果、さまざまな症状が出てきます。また、免疫力も低下してしまいます。

胃の働きが低下すると、食べ物の消化力も落ち、基礎代謝も下がり、内臓脂肪も溜まりやすくなるという悪循環に陥ってしまいます。これでは、ダイエットしたって成功しませんよね。

身体を冷やす冷たい飲み物や生野菜などを控えるのはもちろんですが、簡単にできるお腹を温める方法は、ホットカイロを下腹の「丹田」と呼ばれる場所に貼ることです。 直接ではなく、下着や衣類の上から貼りましょう。

東洋医学では、ここを温めることを奨励しておりますが、ここを温めることによって、交感神経が刺激され、基礎代謝が高まるので、健康にもダイエットにも、また、寒さ対策にも良いのです。

外出の時も、ホットカイロをお腹に貼っていると、心も身体も温まり、そして、健康にもダイエットにも有効ですよ。

オリゴ糖の健康効果
[1]  [2]  [3]  [4]  [5

: Next >>
ブログ内検索
通販ショップ
ダイエット食品・サプリメント通販
ブランドコスメ
コスメ・スキンケア通販
新型インフルエンザ対策にも!マスク&グッズ 販売館
花粉対策グッズ販売館
TENGA通販館
くつろぎ指定席販売館
高濃度水素水-ミラクルスプリング-バーゲン会場
キトサンローション販売館
ゲルマニウムグッズ販売館
リエナ 美肌クリーム 通販
ゲルマローラー フェイスラボ 通販
脂肪・燃焼 ハーバルハーブティ販売館
コスメバーゲン会場
スキンケアバーゲン会場
ダイエットグッズバーゲン会場

相互リンク 検索エンジン登録
忍者アド
カウンター
最新トラックバック
アクセス解析


* Powered by NINJA BLOG * Designed by 龍羽風磨
忍者ブログ [PR]