忍者ブログ
健康維持・増進のために必要なサプリメントや健康食品を紹介
人間の体内酵素の内、消化酵素は、その名の通り、食べたものを体が吸収しやすいように消化するための酵素です。

また、消化酵素によって栄養素がエネルギーになったら、それを体の中で働かせるものが代謝酵素です。

代替酵素は、運動、呼吸、脳を使っての思考、老廃物の排出、ウィルスとの戦い、肌の新陳代謝などの役割を果たします。

しかし、健康のためには消化酵素を節約し、代謝酵素の量を増やすと共に、代謝酵素の働きをサポートする栄養素が必要で、そのためには、食物酵素の力を借りなければなりません。

食物酵素は、新鮮な生野菜、果物、刺身、さらには、納豆や味噌などの発酵食品に含まれておりますが、消化を助けると共に、体内の消化酵素の無駄遣いに歯止めをかけてくれます。

寿司や生の果物を食べた後、腹がスッキリするのも、食物酵素が消化を助けているからなのです。

消化酵素が節約されると、その分、代謝酵素に余裕ができるので、新陳代謝や病気の予防、あるいは、解毒作用が活発になります。

その結果、肌の調子や胃腸の調子が良くなり、代謝力がアップして痩せやすくなるなど、体が好循環になります。

黒酢の成分とダイエット・健康効果
PR
妊活は妊娠に関する正しい知識を身に付け、妊娠しやすい身体づくりをするなど妊娠をするために前向きに活動することをいいます。

妊娠するためには女性だけでなく男性も、心身ともに健康な状態でいなければ赤ちゃんを授かることはできません。

特に、女性は排卵周期を把握して、妊娠しやすい時期を確認する必要がありますし、妊娠した後も、赤ちゃんが胎内で順調に育っていくよに健康管理に気をつける必要があります。

男性も元気な精子を生み出すために、規則正しい生活をして健康管理を行う必要があります。

不妊の原因は、女性の側にだけあるのではなく、男性側にも原因があることも多いからです。

このため、妊娠を望むときは、産婦人科に夫婦で通って診断を受けると良いでしょう。

ベビー待ちをしている人のほとんどは、いつ妊娠してもいいように体調管理を行っていますが、外的な要因として、周囲からの期待や金銭的な心配、あるいは、高齢出産による時間のリミットの問題など様々なストレスを感じることが多くなります。

しかし、昔と比べて栄養事情もよくなっていますし、医療技術も発達していますから、親や周囲の助けを得ながら、あせらずに、夫婦が共同して妊活に取り組むようにしましょう。

男女の産み分けは可能?
ダイエットは筋肉をつけずに、食事制限をしただけで体重を落としても、ちょっと食べ過ぎると、またすぐに太ってしまいます。これを防ぐためには、運動をして筋肉をつけ、健康的にダイエットを行う必要があります。

しかし、同じ運動をするにしても、できることなら、最も効果的な時間帯に行いたいものです。

では、1日のうちで、運動をすると1番効果的なタイミングは何時でしょうか?

人間は、夜眠っている時が一番代謝が下がっています。このため、朝目覚めたときも代謝が低い状態のままです。

その後、朝食をとって、通勤や通学、掃除や洗濯などで体を動かしていくうちに徐々に代謝が上がり始め、日中は代謝が高い状態で過ごします。

そして、夕方から夜になるにつれて徐々に代謝は下がり、眠るときに最低の状態になるのです。

一番効果的な運動は、一般的に、朝運動することだと言われております。

朝目覚めた後は交感神経が活発に働く時間帯で、同じ運動でも、夜などに比べると10%程度も多くエネルギーを消費するといわれています。

また、朝から昼に向けて徐々に代謝が上がりますが、朝に運動することによって、一気に代謝が高い状態となります。そうすると、それ以降の日中は、ほとんどずっと代謝が高い状態を保つことができます。

逆に、徐々に代謝が下がる夜に運動をすると、運動をしたときは一時的に代謝は上がりますが、すぐに低い状態にもどってしまいます。

しかも、代謝が高い状態だとなかなか眠れませんので、安眠という観点から見ても、夜に運動をして代謝を上げるよりは、朝に運動した方が良いのです。

酵素とは
人間の体はほとんどがタンパク質でできていますが、このタンパク質は体内に入ってきた糖と結びつきやすい性質があります。

タンパク質と糖が結合すると変性して「AGE(糖化最終生成物)」という老化促進物質を生み出します。これが、老化を加速させて、様々な病気を招く元となるのです。

AGEが増えると、タンパク質でできている血管、筋肉、肌などの組織が変性・劣化して行き、まるで化石化したように脆くなって、本来それぞれが持っている役割を果たすことが出来なくなります。

血液のたんぱく組織が脆くなると血管壁に炎症が起こりやすくなって、動脈硬化の危険が高まります。

動脈硬化が進むと、心筋梗塞や脳梗塞などのリスクが一気に高まります。また、糖尿病の人だと、腎臓や目などの細い血管が脆くなって糖尿病合併症を併発する確率が高くなります。

肌のタンパク質が脆くなると、たるみ、くすみ、しわなどの老化現象が進み、美容にも悪影響を与えます。

その他、アルツハイマー病などの認知症や、肝硬変に進みやすい脂肪肝とも因果関係があるとされております。

むくみを改善する食べ物
骨量とは、骨に含まれるカルシウムやリンなどのミネラル成分量のことですが、この骨量を減らす要因の一つが食生活の乱れです。

■1日に必要なカルシウム量は600mgですが、骨粗しょう症の治療ガイドラインでは1日800mgの摂取を勧めております。カルシウム摂取量が減ると、骨粗しょう症の原因となるだけでなく、高血圧や動脈硬化など、様々な生活習慣病の原因となることがあります。小魚や海草類、緑黄色野菜、大豆や大豆加工品、乳製品等に多く含まれております。

■ビタミンDは、腸においてカルシウムの吸収を助ける働きをします。干し椎茸や白キクラゲ、サケ、サンマなどに多く含まれておりますが、イワシなどの丸干しを食べると、カルシウムとビタミンDを同時に摂取することができます。

■コラーゲンは、骨を形成しているタンパク質の一種です。コラーゲン繊維は骨と骨の間をつなぐ軟骨にも多く含まれており、クッションの役割をしています。鶏肉の手羽やガラ、カレイ、フカヒレなどに含まれております。

■イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをし、骨からカルシウムが溶け出すのを抑える作用があります。更年期や閉経後の女性に骨粗しょう症のリスクが高くなるのは、エストロゲンの分泌量が減るためです。豆腐や納豆などの大豆製品に含まれています。

■クエン酸はカルシウムの吸収を助ける働きをします。お酢や柑橘類などの果物、梅干しに多く含まれています。また、イワシを梅干しで煮るとカルシウム吸収を促すためにも効果的です。

■納豆のネバネバ成分であるポリグルタミン酸は、カルシウムの吸収を助けます。また、納豆にはカルシウム、ビタミンK、イソフラボンなど、骨の健康に役立つ栄養成分が含まれています。

ヨーグルトの栄養成分とその効果
[1]  [2]  [3]  [4

: Next >>
ブログ内検索
通販ショップ
ダイエット食品・サプリメント通販
ブランドコスメ
コスメ・スキンケア通販
新型インフルエンザ対策にも!マスク&グッズ 販売館
花粉対策グッズ販売館
TENGA通販館
くつろぎ指定席販売館
高濃度水素水-ミラクルスプリング-バーゲン会場
キトサンローション販売館
ゲルマニウムグッズ販売館
リエナ 美肌クリーム 通販
ゲルマローラー フェイスラボ 通販
脂肪・燃焼 ハーバルハーブティ販売館
コスメバーゲン会場
スキンケアバーゲン会場
ダイエットグッズバーゲン会場

相互リンク 検索エンジン登録
忍者アド
カウンター
最新トラックバック
アクセス解析


* Powered by NINJA BLOG * Designed by 龍羽風磨
忍者ブログ [PR]