忍者ブログ
健康維持・増進のために必要なサプリメントや健康食品を紹介
酵素は、私達の生命活動を支えておりますが、それは、内臓だけでなく、表面の肌にも無数の酵素が活動しております。

酵素は女性にとって肌の大敵であるシミ・シワの原因と戦っております。その元凶は紫外線です。

オゾン層などの破壊によって、天気予報にも紫外線注意報が出るなど、紫外線は数十年前とは比べものにならないほど強くなっております。

紫外線には、海や雪山などの自然の中や屋外でレジャーなどをした際に浴びる紫外線で、日焼けやシミやソバカス、乾燥の原因となるUV-Bと、生活紫外線と呼ばれ、シミやソバカスだけでなく、しわなどの原因となるUV-Aの2種類があります。

UV-Aは、光線は弱いが曇りの日の雲や、窓ガラスも通過して肌に届くため、肌の内側の深い部分にまでダメージを与えるのが特徴です。

肌が紫外線を浴びると、皮膚内の活性酸素を刺激して、皮膚を構成する脂質を酸化させて過酸化脂質を作り出します。

ここに、紫外線から体の内側を守るために発生したメラニン色素が結合すると、シミをつくる原因となります。

また、UV-Aは、皮膚の深層に到着して活性酸素を刺激し、皮膚に弾力を与える「コラーゲン」や、線維組織のエラスチンなどを破壊する物質である「ヒドロキシラジカル」を作り出すため、弾力が失われてシワができやすくなります。

特に、初夏から初秋にかけて、強い陽射しの下で強い紫外線を浴びていると、肌を老化させるので特に注意が必要です。

食物繊維の健康効果
PR
人間の体内酵素の内、消化酵素は、その名の通り、食べたものを体が吸収しやすいように消化するための酵素です。

また、消化酵素によって栄養素がエネルギーになったら、それを体の中で働かせるものが代謝酵素です。

代替酵素は、運動、呼吸、脳を使っての思考、老廃物の排出、ウィルスとの戦い、肌の新陳代謝などの役割を果たします。

しかし、健康のためには消化酵素を節約し、代謝酵素の量を増やすと共に、代謝酵素の働きをサポートする栄養素が必要で、そのためには、食物酵素の力を借りなければなりません。

食物酵素は、新鮮な生野菜、果物、刺身、さらには、納豆や味噌などの発酵食品に含まれておりますが、消化を助けると共に、体内の消化酵素の無駄遣いに歯止めをかけてくれます。

寿司や生の果物を食べた後、腹がスッキリするのも、食物酵素が消化を助けているからなのです。

消化酵素が節約されると、その分、代謝酵素に余裕ができるので、新陳代謝や病気の予防、あるいは、解毒作用が活発になります。

その結果、肌の調子や胃腸の調子が良くなり、代謝力がアップして痩せやすくなるなど、体が好循環になります。

黒酢の成分とダイエット・健康効果
人間の体はほとんどがタンパク質でできていますが、このタンパク質は体内に入ってきた糖と結びつきやすい性質があります。

タンパク質と糖が結合すると変性して「AGE(糖化最終生成物)」という老化促進物質を生み出します。これが、老化を加速させて、様々な病気を招く元となるのです。

AGEが増えると、タンパク質でできている血管、筋肉、肌などの組織が変性・劣化して行き、まるで化石化したように脆くなって、本来それぞれが持っている役割を果たすことが出来なくなります。

血液のたんぱく組織が脆くなると血管壁に炎症が起こりやすくなって、動脈硬化の危険が高まります。

動脈硬化が進むと、心筋梗塞や脳梗塞などのリスクが一気に高まります。また、糖尿病の人だと、腎臓や目などの細い血管が脆くなって糖尿病合併症を併発する確率が高くなります。

肌のタンパク質が脆くなると、たるみ、くすみ、しわなどの老化現象が進み、美容にも悪影響を与えます。

その他、アルツハイマー病などの認知症や、肝硬変に進みやすい脂肪肝とも因果関係があるとされております。

むくみを改善する食べ物
骨量とは、骨に含まれるカルシウムやリンなどのミネラル成分量のことですが、この骨量を減らす要因の一つが食生活の乱れです。

■1日に必要なカルシウム量は600mgですが、骨粗しょう症の治療ガイドラインでは1日800mgの摂取を勧めております。カルシウム摂取量が減ると、骨粗しょう症の原因となるだけでなく、高血圧や動脈硬化など、様々な生活習慣病の原因となることがあります。小魚や海草類、緑黄色野菜、大豆や大豆加工品、乳製品等に多く含まれております。

■ビタミンDは、腸においてカルシウムの吸収を助ける働きをします。干し椎茸や白キクラゲ、サケ、サンマなどに多く含まれておりますが、イワシなどの丸干しを食べると、カルシウムとビタミンDを同時に摂取することができます。

■コラーゲンは、骨を形成しているタンパク質の一種です。コラーゲン繊維は骨と骨の間をつなぐ軟骨にも多く含まれており、クッションの役割をしています。鶏肉の手羽やガラ、カレイ、フカヒレなどに含まれております。

■イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをし、骨からカルシウムが溶け出すのを抑える作用があります。更年期や閉経後の女性に骨粗しょう症のリスクが高くなるのは、エストロゲンの分泌量が減るためです。豆腐や納豆などの大豆製品に含まれています。

■クエン酸はカルシウムの吸収を助ける働きをします。お酢や柑橘類などの果物、梅干しに多く含まれています。また、イワシを梅干しで煮るとカルシウム吸収を促すためにも効果的です。

■納豆のネバネバ成分であるポリグルタミン酸は、カルシウムの吸収を助けます。また、納豆にはカルシウム、ビタミンK、イソフラボンなど、骨の健康に役立つ栄養成分が含まれています。

ヨーグルトの栄養成分とその効果
インフルエンザの感染には、感染した人の咳やクシャミ中のウイルスを吸い込むことによって感染する飛沫感染と、ウイルスが付着したティッシュペーパーなどを触る事によって感染する直接感染があります。感染の日常的な予防法としてはマスクと咳エチケットが重要です。

■新型インフルエンザ対策にも不織布マスク
気道から感染するウイルスの場合はマスクが有効です。飛沫感染するウイルスには使い捨ての不織布マスクでも、予防効果があります。流行シーズンは外出時や会社内でマスクをするのが効果的です。
麻疹ウイルスのように空気感染するウイルスの場合は、高性能のマスクが必要ですが、インフルエンザウイルスはそこまで感染する可能性は高くありません。
■集団感染の予防に咳エチケット
ウイルス保有者の意識も大切です。鼻をかんだ場合や咳をした時の、ティッシュペーパーの処理と手洗いが重要です。ウイルス保有者か分からない場合も、各自がティッシュペーパーを直接に捨てずに、ビニール袋に包んで捨てるようにしましょう。
鼻をかんだ場合や咳をした場合、手にウ ルスが付着している可能性が高いため、あちこち触る前に手洗いして手に付着したウイルスを洗い流して、集団感染を予防するようにしましょう。

■インフルエンザワクチンを毎年接種!
ワクチン接種は100%安全とはいえないので現在は同意書をとった上で接種が実施されています。インフルエンザワクチンは、A型2種類とB型1種類の3種類が入っています。それぞれに突然変異があるために毎年違ったウイルスを使ってワクチンを生産しているため、毎年摂取する必要があります。

: HOME
ブログ内検索
通販ショップ
ダイエット食品・サプリメント通販
ブランドコスメ
コスメ・スキンケア通販
新型インフルエンザ対策にも!マスク&グッズ 販売館
花粉対策グッズ販売館
TENGA通販館
くつろぎ指定席販売館
高濃度水素水-ミラクルスプリング-バーゲン会場
キトサンローション販売館
ゲルマニウムグッズ販売館
リエナ 美肌クリーム 通販
ゲルマローラー フェイスラボ 通販
脂肪・燃焼 ハーバルハーブティ販売館
コスメバーゲン会場
スキンケアバーゲン会場
ダイエットグッズバーゲン会場

相互リンク 検索エンジン登録
忍者アド
カウンター
最新トラックバック
アクセス解析


* Powered by NINJA BLOG * Designed by 龍羽風磨
忍者ブログ [PR]